起業・副業ノウハウ、ビジネス・営業・恋愛・自己啓発における心理学をご紹介しています。 個別のコンサルティングも受け付け【プロ心】

人間の自動的反応

ある研究者達が下記のような実験を行いました。

コピー機の前にいる人に、
「すみません…5枚だけなんですけど、急いでいるので先にコピーを取らせてくれませんか?」
というお願いをしました。

さて、何%の人が、先にコピーを取らせてくれたでしょうか?

答えは「94%」でした。

「要請+理由」はかなり効果があることとわかりました。

では、次に
「すみません…5枚だけなんですけど、コピーを取らせてくれませんか?」

この先に行かせてもらう理由のない
「要請のみ」の場合は?

「60%」でした。

理由もないのに先行かせるかよ!ってことですね。
僕なら「え?なんで?」って思います。
60%の人はすごくいい人ですね。

では、最後に
「すみません…5枚だけなんですけど、コピーを取らなければならないので、先にコピーを取らせてくれませんか?」
‘コピーを取らなければならないので’って、
「俺もそうやねん!」
と突っ込みたくなるような、
「要請+理由になってない理由」の場合はどうでしょう?
一体何%の人が先に行かせてくれたでしょうか?

10%?

20%?

考えてくださいね。

30%?

答えは

「93%」でした!

え?93%?
と、思われた方が多いと思いますが、
その理由としては、

「ので」です。

「急いでる’ので’」
「コピーを取れなければならない’ので’」

この’ので’というワードが入ってるかどうかなのです。

人は頭を使うのを嫌います。
できるだけ頭を使わず、省エネでいきたいと思っているので、
‘ので’が付くだけで、’ので’の前にどんな理由が来ようが、
理由として成立していると自動的に思ってしまうのです。

つまり、
「人は情報の全てを理解して判断しているのではない。」
ということなのです。

それは’ので’に限らず、あらゆる心理テクニックについても言えます。
それはまたご紹介させていただきます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。