起業・副業ノウハウ、ビジネス・営業・恋愛・自己啓発における心理学をご紹介しています。 個別のコンサルティングも受け付け【プロ心】

プラシーボ効果(プラセボ効果、偽薬効果)

本来は薬としての効果を持たない物質であるにも関わらず、症状が回復したり和らいだりする現象を『プラシーボ効果(プラセボ効果、偽薬効果)』と言います。

簡単に言うと、人間の思い込みの力によって効果・影響が表れるってことです。

例えば、お医者さんが患者さんに「風邪薬です」と言って小麦粉を処方したとしましょう。

小麦粉には風邪薬としての機能は何もないわけですが、「お医者さんから処方されたものだから風邪薬に間違いない」という先入観から、患者さんはそれを風邪薬と疑わず服用します。

その結果、実際に風邪が治った、というのがプラセボ効果ということです。

人間には自然治癒力が備わっており、思い込みはその力に大きく作用しています。「病は気から」と言いますが、人間の「こころ」と「からだ」はそれだけ密接に関係しているのです。

ネガティブに考えるのではなく、ポジティブに考えることで病気を治すこともできるということですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。