起業・副業ノウハウ、ビジネス・営業・恋愛・自己啓発における心理学をご紹介しています。 個別のコンサルティングも受け付け【プロ心】

メラビアンの法則

人がコミュニケーションを取る時、話の内容よりも、「表情・動作・しぐさ・声のトーン・大きさなどからの方が情報を得ている割合が高い」と研究から提唱された法則のことを『メラビアンの法則』と言います。

「見た目/表情/しぐさ/視線など」:視覚情報(Visual )55%
「声のトーン/話す速さ/声の大きさ/口調など」:聴覚情報(Vocal )38%
「話の内容など」:言語情報(Verbal )7%

人がコミュニケーションで重視する割合は上記のように言われています。

つまり、人は話の内容で判断しておらず、一番は視覚から得られる情報判断しているのです。相手になにかを伝える時、「身振りや手振りが重要」と言われるのはそのためです。

ただし、メラビアンの法則の実験はある特殊な状況下で行われたものであるため、「話の内容 :言語情報 」がどうでもいいわけではありません。

「話の内容 :言語情報 」 を「身振り・手振り :視覚情報 」と「声のトーン・話すスピード:聴覚情報」を意識してうまく相手に伝えることが大切なのです。

「よく話の内容は7%だからどうでもいい」という意見がありますが、それは間違った考え方なので注意しましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。