起業・副業ノウハウ、ビジネス・営業・恋愛・自己啓発における心理学をご紹介しています。 個別のコンサルティングも受け付け【プロ心】

初頭効果

第一印象(最初に与えられた情報)が記憶に残りやすく、後の評価に影響を及ぼす心理的効果を『初頭効果』と言います。

その逆で最後の印象が最も記憶に残る心理的効果を『親近効果』と言います。

  • 初頭効果:最初が肝心
  • 親近効果:去り際が肝心

と言うことですね。

人は出会ってから6~7秒で相手の印象を判断し、その印象は6ヶ月以上続くと言われています。第一印象が大切と言われるのは初頭効果が作用しているからです。

ポーランド出身の心理学者であるソロモン・アッシュ氏の実験でも下記のような結果が出ています。

  • A:明るい、素直、頼もしい、用心深い、短気、嫉妬深い
  • B:嫉妬深い、短気、用心深い、頼もしい、素直、明るい

上記のように、 Aはポジティブな形容詞を先に、Bはネガティブな形容詞を先に記載したところ、 「Aは比較的ポジティブな印象」を、「Bは比較的ネガティブな印象」を持つと答える人が多くなりました。

このように、 最初の印象が強く心に焼きつく初頭効果は、営業・面接・職場・合コンなど様々な面でいかに大きい影響を与えているかが理解できるかと思います。

「第一印象をどうすればよくできるか」考えてみましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。