起業・副業ノウハウ、ビジネス・営業・恋愛・自己啓発における心理学をご紹介しています。 個別のコンサルティングも受け付け【プロ心】

パレートの法則(80対20の法則、2:8の法則)

経済において、 全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部(20%)の要素が生み出しているという法則のことを『パレートの法則(80対20の法則、2:8の法則)』と言います。

またパレートの法則は「2:6:2の法則」とも呼ばれ、よく働きアリの話で例えられます。

食料を巣に運ぶ働きアリを観察していると、 一生懸命働いている2割の働きアリが全体の8割の食料を集めてきて、 6割は普通に働き、さらに2割のアリは何もしていないということが証明されたのです。

営業会社で例えれば、2割の営業マンが80%近くの売上を上げていて、残り約20%を6割の営業マンが上げていて、2割の営業マンはほとんど売上に貢献していないと言うことになります。

しかし、ここで絶対にしてはいけないことがあります。それは残りの2割の営業マンを安易に解雇してしまうことです。

そうなると、6割の営業マンの中から必ず売上に貢献しない2割の営業マンが出てしまいます。

2割の営業マンの売上をさらに伸ばすこと、全体の底上げをすることがパレートの法則をうまく使った経営方針と言えるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。