起業・副業ノウハウ、ビジネス・営業・恋愛・自己啓発における心理学をご紹介しています。 個別のコンサルティングも受け付け【プロ心】

コントラスト効果(対比効果)

2つ以上の物事を比べた時に差があると、実際の差より大きな差として感じられるという心理的な現象を『コントラスト効果(対比効果)』と言います。

簡単に説明すると、「比較によって人間の脳が起こす錯覚」です。

例えば、10万円の時計だけ売っていれば「高いな」と感じても、50万・100万円の時計の中にあれば「安い」と感じませんか?

これがまさしくコントラスト効果です。

コントラスト効果は商売でよく使われますが、松竹梅の法則が最も分かりやすい例です。

  • コース料理A:10,000円
  • コース料理B:12,000円

上記の場合どちらが多く注文されるかというと、Aです。

  • コース料理A:10,000円
  • コース料理B:12,000円
  • コース料理C:15,000円

では、こうなるとどうでしょうか? Bがお手頃の価格に見えるので、Bを選びやすくさせることができるのです。

松竹梅の法則は『おとり効果』とも呼ばれています。

このように少しメニューや商品の打ち出し方を変えるだけで売上を上げることができます。

覚えておきましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。