起業・副業ノウハウ、ビジネス・営業・恋愛・自己啓発における心理学をご紹介しています。 個別のコンサルティングも受け付け【プロ心】

何故超絶美人の奥さんを持っても不倫するのか?イケメン俳優Hと若手女優K

ども、キノシュンです。

今回は巷で必要以上に取り扱われている芸能人の不倫騒動について取り扱いたいと思います。

というのもいつもは質問に回答していくのを記事にすることが多い当サイトですが時事ネタ的にも不倫に関する質問が多く集まったので触れてみようかと。

今回に始まったことではなく過去にも不倫や浮気については触れてきたわけですがこの記事を機に少しでも多くの人に私の価値観を認知してもらえたらと思いながら書いていきます。

始めに断りを入れておくと芸能人に限らずあらゆる浮気やら不倫やらのニュースに私自身は一ミリも興味はありません(^^;

逆に世間の人達が何故そんなにこの手のニュースに関心があるのか?

こっちの方が私としては興味がありますw

それ以前に世間もさほど興味はないけれど特段ネタもないから関心を持ってしまう。

メディアの偏向報道に振り回されてしまっている。とも言えるのかもしれませんね。

実際問題で言うと発覚していないだけで芸能人に限らず一般人も含め不倫している人なんて沢山いるわけですよw

多分数人に一人レベルでいるんじゃないかな、、もはや犯罪者の国w

一方で殺人事件とかの刑事事件とかになるともっと頻度は低くなるわけですがこの国の法律が種は違えど犯罪として一括りに取り扱っているわけです。

不倫は実質バレなきゃいい。殺人も?

なんだか不思議ですね。

滅多なことが無い限りというか、何か感性がぶっ飛んでるサイコパスのような人間でもない限り人に殺意を覚えたり実際に行動に移すことなんてないとは思うのが殺人という犯罪なわけですが

不倫ってどうなんでしょう?

もちろん罪にもこの国の文化、価値観の上で重い軽いがあるわけですが、数人に一人レベルで起こしてしまう犯罪。不倫。

あなたはどう思いますか?

是非お手すきの方はコメントなど頂けたらと思いますが、私は少なくともテーマパークに行きたい!とか思うレベルの感情で行動を起こしてしまうのが不倫だと思っています。

ディズニーランド、ユニバに行きたい!と思うけど犯罪だから理性保って我慢しないと、、テーマパークで遊びた過ぎていってしまった。笑

それで騒いでる感じ。違和感感じませんか?

なのでこの国に根付いた倫理観自体が人間という生物の生態に合っていないと考えています。

ところでアフリカ各国の恋愛に関する価値観をご存じでしょうか?

アフリカの特に狩猟民族には一夫多妻制という文化が根付いており日本のような浮気や不倫などという概念が存在しません。

その為男性が複数の女性と関係を持ったとしても日本の様に世間が騒ぎ立てることはないのです。

なぜ文化は違えど同じ人間なのにここまで違うのでしょうか?

見方を大きく変えるなら文化や価値観され違うものになれば人間同士の間柄で浮気や不倫をしても本来何も不思議なことでは無かったりするわけです。

日本においては多くの人が犯してしまう過ち、浮気、不倫。

わざわざ咎める必要性は如何ほどに?

少しは納得してくれる方はいるでしょうか?笑

別記事で深く触れてますが男はどれだけ美女を奥さんに持とうと他の選択肢を持てば浮気をします。

そして女は相手の男性に妻子がいようといまいと、その男性を生命力の強い雄として認識さえすれば、既存の彼氏より強い男だと認識すれば浮気をします。

そんな超ハードルの低い浮気の行動原理にも関わらずメディアはこぞって取り上げます。

ネタにすれば記事のPVが上がったり媒体にスポンサーが付いたりと早い話が金になるわけです。

それに芸能人は利用されてしまう。華々しい世界のはずなのになんだか黒いですね(^^;

絶対不倫記事を書いてる記者も浮気や不倫をしてる人いるだろうにw

まぁ不倫を取り扱う人達の感性も共感は出来ませんが他人ごとによくそこまで興味を持てるなぁとか、叩いてる人達もどんだけ暇なの?と私個人的には思いますねw

何故かは分かってはいるのです。

多くの人がモテないからモテるやつがムカつく。発覚したら大群で叩きまくりモテない自分を正当化する。

自分磨きしようぜ(^^♪

こういうコラム記事を書き出すと着地点が分からなくなりますが、皆人間なんだから簡単な条件揃ったら浮気や不倫するだろ?というか、してしまう生き物だろ?

これが結論ですね!なんとか無理やりまとめました(^^;

密かに更新を楽しみにしてくれている数少ないヘビー読者くらいにしかニーズはないと思いますがまたタイムリーな時事ネタとかあれば触れてみますね。

それではまた更新します。(^^♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。