起業・副業ノウハウ、ビジネス・営業・恋愛・自己啓発における心理学をご紹介しています。 個別のコンサルティングも受け付け【プロ心】

もしかして、睡眠不足で高血圧を加速させていませんか?

今日もサクッと読めるブログを書いて行きます。怒りと眠りのアドバイザー、矢野です。

 睡眠不足で起きる疾病リスクについて、以前のブログで触れました。そのうち高血圧は自覚が無い事でも知られ、動脈硬化・心筋梗塞・腎臓病など、恐ろしい病気に発展する可能性があります。そこで今日は睡眠不足と高血圧の関連について書いて行きます。

 自分で意識しなくても心臓が動き、呼吸ができるのは「自律神経」が働いているからです。自律神経には活動を支える「交感神経」と、休息を支える「副交感神経」の2種類があり、両方とも常に活動していますが、日中は交感神経が、睡眠など休息時には副交感神経が優位になります。交感神経が優位な状態では、血管が収縮し血圧や脈拍が上がり、心臓や筋肉の動きが活発になります。副交感神経が優位な状態では、血管が拡張し血圧や脈拍は下がり、呼吸も緩やかになります。心臓や筋肉への負担も減り、組織の修復や代謝、再生が行われます。

 睡眠不足の状態が続くと、「活動と緊張」状態が続く為副交感神経の働きが悪くなり、血管が収縮したままなので血圧も高くなります。血圧は血液が血管を押す圧力の事です。この圧力が高いと血管が傷つくなどして硬くなり、動脈硬化を引き起こす可能性が高くなります。また、高い血圧は心臓にも負担をかけ、心筋梗塞に繋がってしまったり、老廃物や体内毒素の除去をする腎臓機能が低下し、腎臓病を招く可能性もあります。

画像はイメージです

 仕事をする上で、多少の無理をしたり、必要に迫られて睡眠時間を削る事もあるでしょう。その事を否定するつもりはありません。育児や災害救助など、そうせざるをえない場面もあるでしょう。ただその時には、睡眠の役割を思い出し、その後に必ず睡眠不足を解消して頂きたいのです。睡眠は脳と体を正常に保つ為に欠かせない活動です。睡眠を削る事で健康を失えば、やりたかった事が出来ず、見たかった景色が見られず、後悔する未来が待っています。それは、誰も笑顔にならない結末だと思いませんか?

 誰も自分の代わりに眠る事は出来ませんし、失った健康の責任を取ってくれません。この先何十年と使う体です。自分を労り、大事にする事を忘れないでいただきたいです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。